福岡市からも唐津市からも便利に!

写真は手入れをしなくなってハチクによって荒れた山です。
ハチクやメダケはまだ再生が容易いが真竹や孟宗竹は非常に困難になる。

日本国土の約70%が森林なのです。
そのうちの6割が天然林で、4割が人工林と言われています。
“人工林”とは、その文字通り人が植えた植えられた森林を指し、日本のその多くは高度成長期に高まった需要に応えるためのものでした。

この人工林は、農産物等と同じように、沢山の苗を植え、雑草を取りのぞき、間引いて(間伐)、やっと収穫となるのですが、収穫までには平均30年以上もかかる上、ずっと管理し続けなければならないのです。
当然コストはかなり高くなります。

しかし、現況は木材は輸入が自由化され、外国の安い木材が手に入るようになってしまい、国産材がほとんど使われなくなってしまい、林業は産業として成り立たなくなってしまいました。

その結果、大規模な人工林が育っているのに、今はその8割が未整備の状態です。このままでは、山林は荒れ果てて崩壊し、土砂災害など多くの被害を招いてしまいます。
さらに昨今の“花粉症”問題も原因の一つと考えられています。

そこで目に余る惨状を前に、自分たちで出来る事がなにかあるはずと思いこのプロジェクトを立ち上げました。ボランティア団体とは違い、「山の家」構想と掲げ、継続力のある実績を上げて収益を得ることを目指します。
まずはメンバーを募ります。
建築業・土木業・造園業・不動産業・農業・・・出身業種は問いません。広い視点から「山を活かす」方法のアイデアなどを議論したり、実際に活動を通じて日本全国中に拡がるネットワークにして“山のスペシャリスト”集団のチームを作っていきます。

この活動に興味のある方はご一報ください → TEL 090-3079-8654(桜井)まで。


  Copyright (C) 2017 Sakurai Zoen. All Rights Reserved.
浮岳幸花樹園・桜井造園 福岡県糸島市二丈吉井737  TEL. 092-325-0111